本・雑誌・ニュース・頭の中のメモ・メモ・ひたすらメモ


by le-moraliste
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:メモ( 13 )

美術史まとめ


ルネサンス三大巨匠

 盛期ルネサンスの巨匠たち

レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452-1519)

 異端の芸術家。

ミケランジェロ・ブオナローティ (1475-1564)

 生粋の芸術家。彫刻をベースとし、人体の表現を極める。

ラファエロ・サンティ (1483-1520)

 レオナルドとミケランジェロに学ぶ。ロマンティックな画風。


ルネサンス芸術家その他

ティッツィアーノ・ヴェチェッリオ (1490頃-1576)

 ヴェネツィア派。カンヴァスに直接描く、色彩豊かな画風。
[PR]
by le-moraliste | 2012-11-03 23:13 | メモ

御用邸について

◆現在、使用されている御用邸


葉山御用邸

  所在:神奈川県三浦郡葉山町
  竣工:昭和56年
  特色:三浦半島に位置し、相模湾に面する


那須御用邸

  所在:栃木県那須郡那須町
  竣工:本邸、大正15年 付属邸、昭和10年
  特色:那須湯本温泉が近くにある


須崎御用邸

  所在:静岡県下田市須崎
  竣工:昭和46年
  特色:伊豆半島の先端に位置し、近くに浜辺も



◆過去に使用されていた御用邸


神戸御用邸

  所在:兵庫県神戸市
  面積:13,000㎡
  竣工:明治19年8月
  廃止:
  特色・明治天皇の行在所

熱海御用邸

  所在:静岡県熱海市
  面積:11,000㎡
  竣工:明治22年12月
  廃止:昭和3年、老朽化により取り壊し

沼津御用邸

  所在:静岡県駿東郡静浦村(現・沼津市)
  面積:敷地約15万㎡ 宅地?㎡
  竣工:明治26年7月
  廃止:昭和44年廃止
  特色・大正天皇(当時皇太子)の静養のために造営。現在は沼津御用邸記念公園

伊香保御用邸

  所在:群馬県
  面積:山林235,000㎡、宅地6,720㎡
  竣工:明治26年7月
  廃止:昭和27年、焼失
  特色・伊香保温泉の近く


◆計画されていたが完成しなかった御用邸


初声御用邸

  所在:神奈川県三浦市初声。三浦半島の油壺周辺
  経緯:昭和恐慌などの影響により自然消滅



※注記※

本邸は天皇皇后専用、付属邸は皇太子用。ただし平成からは秋篠宮一家が宿泊することがある

※参考文献※

宮内庁 公式WEBSITE
高橋紘 『人間 昭和天皇』 講談社 2011年
[PR]
by le-moraliste | 2012-01-07 23:50 | メモ

メモ ― 天皇について



【 入江相政侍従長と"魔女"今城誼子(貞明皇太后と香淳皇后の女官) 】

・入江の「専横」と「祭祀軽視」?

【 尼門跡寺院「円照寺」と三島由紀夫『豊饒の海』の「月修寺」 】

・円照寺の山本静山門跡と三笠宮殿下が双子の兄妹であることは公然の秘密。静山門跡はすなわち糸子内親王。『豊饒の海』はこの円照寺をひとつの舞台にしており、皇族との恋愛がテーマである「最大の不敬小説」(島田雅彦)であるが、三島ははたして静山門跡の事実を知っていたのか知らなかったのか。

【 葉山御用邸消失事件(1971年1月) 】

・放火犯角田俊治は「軽度の精神分裂病」(河原敏明)だったのか、あるいは「過激派」(原武史)だったのか。河原は、警察が「過激派でなかったことには胸をなでおろした」と書く。

【 訪欧(1971年9-10月)と訪米(1975年) 】

・アメリカより欧州を優先して訪問したのはなぜか。訪米の予行演習として訪欧だったのかどうか

【 昭和天皇と沖縄 】

・沖縄訪問に積極的だったのか消極的だったのか
[PR]
by le-moraliste | 2009-06-08 10:58 | メモ
つらつらと本棚を眺めていて、はたと手にとったのが江藤淳の追悼号雑誌。「追悼 江藤淳」を特集している雑誌はほとんどすべて持っていて、懐かしく、いくつかの雑誌をパラパラとめくってみた。

江藤淳が自殺したのは1999年7月21日夜。ちょうど10年前になるのか。

当時読んだ追悼文のなかで出色だと思ったのは、吉本隆明と福田和也の文章だった。

『文藝春秋』には石原慎太郎の文が掲載されている。自殺の直前まで江藤淳と大きな意味のやりとりをしていたことが回顧されているあの文章である。今回再読してみて、実に良かった。石原氏にしか書けない内容、文章で、自分は石原慎太郎の文(体)が好きなんだなあとふと思いもした(余談だが、石原慎太郎の文章において、慎太郎はいつも絶対的に正しい。婉曲的であろうとも、慎太郎の正しさを本人はつゆとも疑ってはいない。そういうところに好き嫌いが分かれる理由があるだろうけど、慎太郎に対してそういう疑念をもつことそれ自体が無意味だ。「正しい」石原慎太郎を私たちはただ、味わえばよいのであり、そしてそれは十分に価値あることなのだ)。

そういうこともあり、石原慎太郎と福田和也の対談も読んだ(『文学界』)。

あまり噛み合わない対談ではあるのだけれど、後日、福田和也「絶望の獲得」という短文(『南部の慰安』所収)をなんとなく読んでいたらある人物について触れられており、たしかこの対談でもその名があがってきたのではなかったかと思い出して、ふたたび『文学界』をひらいてみた。

その人物は、詩人の伊藤静雄。

江藤淳の書いた『石原慎太郎論』が最良の慎太郎論だと福田和也が語り、その本の冒頭に伊藤静雄の詩が引かれているという。それは。

「すべてのものは吾にむかひて

 死ねといふ、

 わが水無月のなどかくはうつくしき」

               ―『水中花』


(つづく)
[PR]
by le-moraliste | 2009-06-06 02:43 | メモ


【文学の系譜】

―第一次戦後派―
  大岡昇平
  野間宏
  武田泰淳
  椎名鱗三
  堀田善衛
  
―無頼派―
  坂口安吾
  太宰治
  織田作之助
  石川淳    『焼け跡のイエス』

―第三の新人―
  吉行淳之介
  遠藤周作   『死海のほとり』
  安岡章太郎

―    ―
  石原慎太郎
  大江健三郎
    
―その後―
  開高健
  北杜夫
  日野啓三
  竹西寛子
  大岡信
  加賀乙彦
  辻邦生

―批評家―
  小林秀雄
  福田恆存
  江藤淳  


【時代の系譜】

―50年安保

―60年安保

―全共闘世代(団塊の世代)
[PR]
by le-moraliste | 2008-07-19 21:22 | メモ

不法原因給付

【不法原因給付】

公序良俗に反する契約など、反倫理的理由で渡した物は、契約が履行されなくても返還を求めることができないとする民法の規定。給付物は相手のものになる。男性が愛人関係を結んだ女性のために家を建てて女性に贈ることは不法原因給付に当たり、男性はその後、女性に家の明け渡しを求めることはできないとする判例がある。
                    (『産経新聞』2008.6.11)
ヤミ金の高利貸付に対し、借り手が利息分のみならず元本分の損害賠償を請求できることを最高裁が判例で示した訴訟(2008.6.10判決)。

上記の例で云えば、愛人契約を結んだ男性は、家の明け渡しを求められないのは当然のこと、女性の側もこの「愛人契約」に基づく契約履行請求(例えば金銭の要求)はできない。それは、この「愛人契約」が公序良俗に反するため無効な契約となるからであり(民法90条)、「不法の原因」(この場合は、愛人契約)のために給付した者は、その給付した物の返還を請求できないと規定されているため(民法708条)である。

この愛人契約が無効であるからといって、既に授受された金銭等は返還すべき「不当利得」とはならない。法律上の原因がないのに他人の損失において利益を得ることを不当利得と云い、不当利得は(損失を受けている他人に)返還しなければならない(民法703条)とあるが、この利得は、公序良俗に反する愛人契約という「不法の原因」によるものであるからである。

≪参考≫
法律豆知識
  http://www5f.biglobe.ne.jp/~kitagawa/mame011.html

複雑な話だけど、つまりは、無効な契約を結んでしまったらいいことありませんということ。大変面白い法律だ。
[PR]
by le-moraliste | 2008-06-13 12:36 | メモ

北方領土問題整理

北方領土問題について再録(旧2007.8.22.

今回ちょっと追記


1945/8/9   ソ連軍、満州侵入

1956      日ソ共同宣言
            国交回復成立とともに、平和条約後の二島先行返還を約束

1990-92   先進7ヶ国首脳会議(サミット)の議長声明or政治宣言 
            「法と正義の原則に基づき外交政策を展開するとの
             ロシアの公約を歓迎する。
            (それが)領土問題の解決を通じた日露間の正常化の
             基礎となる」と明記

1993/10    東京宣言(細川・エリツィン)
            四島帰属問題を法と正義の原則を基礎として解決する
            と宣言

1997/10    東郷・佐藤、橋本総理に北方領土問題を説明

1997/11   クラスノヤルスク合意(橋本・エリツィン)
            両国間で領土問題が存在することを明文化
            東京宣言に基づき2000年までに平和条約締結に全力を
            尽くすと約束

1998/4     川奈提案(橋本・エリツィン)
           日露非公式首脳会談において橋本総理が北方領土問題
           解決に関する秘密提案を行なう 

1998/11/12 モスクワ会談(小渕・エリツィン)
           日露公式首脳会談。川奈提案に対するロシア側の回答

2001      イルクーツク声明
            日ソ共同宣言の確認

2005      欧州議会がロシアに北方領土の返還を求める決議採択
            


= 参考文献 =
佐藤優「インテリジェンス交渉術」(『文芸春秋』5・6月号)
『産経新聞』(2008.6.30.)

(追記=2008.7.1.)
[PR]
by le-moraliste | 2008-05-19 01:54 | メモ

今日のフリーメモ

今日の気になったキーワード

・ユコス事件

・故サイデンステッカーの自伝

・長期金利論争―金利を成長率より高く設定するのが先進国の常識らしいが、それを巡る話

 
[PR]
by le-moraliste | 2007-09-04 03:27 | メモ

早春の梅の花

700万画素の多少いいデジカメを購入しているのだから、写真もアップしてみよう。

花の写真を撮る趣味は本来ないのだけれど、街中を歩いているとき、無意識に何かを眺めるのは誰でもあることで、とりわけ美しいものに目を捕らわれるはごく自然な姿勢だと思う。だからと云って、その美しさを写真におさめようというのは、意識的な、自覚的な行為である。

意識が作用しはじめるのは、そこに何かの必然性を取り入れたくなるからだ。例えばこの場合、写真を撮り、その撮った写真を誰かに見せ、相手の関心を惹こうという筋書きが見えてくる。自分が鑑賞するためだけに写真を撮ると云う人も、その実は、花の写真を鑑賞する自己の美しさをひそかに味わい、次の何かを期待していることだろう。その″何か″は、写真を撮ることから必然的に導き出される(と当人が考える)成果を疑いなく指している。写真を撮るということは、意識が淫らに露呈する恥ずべき行為かもしれない。……

2月中旬を過ぎた頃のとある公園。暖かすぎて既に満開となった梅の花を撮ってみる。花の写真を撮ったことはないので初めての挑戦だが、接近した写真の方は結構綺麗に写っているように思われる。全体を撮った写真は多少ボケでいるようだ。どちらも補正は一切かけていない。今後いろいろ試してみよう。

・・・・・・って、全然アップロードがでけへんがな。このポンコツブログめ。(後でやってみる)
[PR]
by le-moraliste | 2007-03-10 21:03 | メモ
懲りずに、また将棋の話。

王将戦第四局の大盤解説会にまた足を運んだ。途中まで(仕事場で)ネット観戦してから、夕方、ひとり千駄ヶ谷の東京将棋会館へ。

羽生王将に佐藤棋聖が挑戦する本局は羽生2勝、佐藤1勝で迎え、各棋戦で挑戦者の資格を獲得するもののなかなかタイトル獲得には至らない佐藤棋聖にとっては、流れを変えるために是が非でも落とせない対局。さて、どうなるものだろう。

解説会の開始時刻からは少々遅れたが会館に到着すると、同じく会館に入ろうとする女子高生らしき女の子がふたり。なんでここに女子高生が、と訝しく思ったがそのまま会館に入れば、石橋女流と遭遇。そういえば、今日は飛躍著しい里見女流との対局だったけか、結果はどうなったろうと気になりつつも解説会の開場に。

今日は上野四段と鈴木環那女流による解説。以前、このおふた方が解説会を行なったところ評判がよかったため今回ふたたびこの組み合わせということで、結構愉しみにしていた。場は相変わらず年配の方が多く、およそ50名ほどの参加者がすでに解説に聞き入っていた。

と、そこに私よりさらに若いお客がやってくる。先ほど玄関で出会った女子高生ふたり。珍しい趣味だなと一層訝しく思ってよくよく彼女たちの顔を見てみれば、なんと、ひとりは新女流棋士の伊奈川愛菓嬢ではあるまいか。もうひとりは見覚えがないのでたぶん彼女の友人だろう。棋士はふつう、棋士控え室で検討をするものだと思っていたので意外であった。友人が一緒だから、解説会のほうに来たのかもしれない。

さて、解説会のほうだけれど、なるほど、たしかにふたりの掛け合いがなかなか面白い。環那女流の場を盛り上げようというひとつひとつの気配りが愉しく、上野四段のわかりやすい解説も(とりわけ素人の)私にはとてもありがたかった。常連が多いのだろう、お客さんとのやりとりも活発で終始なごやかな雰囲気のなかで解説会は進んでいった。途中、上野"初段"を聞き手に環那"四段"が解説するという企画もあり、環那嬢の緊張と人一倍の努力姿(そして上野氏のわからない"ふり")がなんとも云えない温か味を漂わせる。やはり、解説会はいいですなぁ。

将棋のほうは羽生王将の巧みな駒捌き(という云い方であってるのだろうか)で、一気呵成に佐藤棋聖を投了に追い込んだ。はぁ、と溜め息はできるほどの強さ。怖ろしい。途中で、勝又五段(会館でいつも見かけます)と三浦八段がゲストで登場し場がますます活況を呈するなか、無事、解説会は終了。

環那嬢は休憩時間や解説会終了後にひとりひとりのお客さんに笑顔で挨拶をしてくれてほんと恐縮するほどでありました。その前日に女流名人位戦の予選で勝利をおさめ、あと一勝すればB級リーグ入りするので是非とも頑張っていただきたい。

上野四段は、前回のC級2組順位戦でも見事快勝し、昇級へあと一歩のところまで来ているので、最終戦を期待しております。各級順位戦も佳境に入っているので、まだまだ将棋界から目が離せない。

     *               *              *

先週は映画も一本観てきた。ソフィア・コッポラ監督作品の『マリー・アントワネット』。フランシス・コッポラの娘ですね、確か。で、映画自体は・・・・・・。

私が観た映画のなかで、『キング・アーサー』に次ぐ、つまらなさ。最初から何のドラマも起きず、印象的なシーンは皆無で、最後に処刑台へ運ばれるシーンにどんな趣向を凝らすか期待していたら驚くほど何にもなし。何を描きたかったのかがさっぱりわからない、駄作。ソフィアには『ロスト・イン・トランスレーション』という監督作品があり、そちらは結構評判がよさそうなのだが、はたしてどうだろう。いやむしろ、『マリー』の悪夢を打ち消すために、『ロスト』をこそ観てみたくなった。
[PR]
by le-moraliste | 2007-02-12 14:23 | メモ