本・雑誌・ニュース・頭の中のメモ・メモ・ひたすらメモ


by le-moraliste
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大平明と東京電力

同じく佐野眞一『東電OL殺人事件』(新潮文庫)を読んでのメモランダム。

【大平明】
その聞きなれない苗字が暗示するように、元首相・大平正芳の子息。「東電OL」と同じ職場で働いていたことのあるこの三男は、現在、大正製薬の代表取締役副社長の責にあるとか。東京電力から大正製薬へ移籍した経緯はわからないが、意外なところで意外な名前を目にしたもんである。

ここで気になることが一点。佐野氏によれば、「東電OL」の父親が東京電力の重役を務めている最中、志半ばで命を亡くしたことを契機として「東電OL」本人が東京電力に仕事を求めたらしいのだが、彼女の妹も東京電力に勤めている事実と合わせ、創業者一族でも大株主でもない親子三人がひとつの大企業に(同時期ではないが)在籍することに違和感を感じないわけにはいかない。しかもそこに、元首相の三男という名を添えてみれば。

「東電OL」、彼女自身は優秀な人物であったようであるし、大平正芳も元大蔵官僚上がりの政治家だからその子供もおそらく才に恵まれているのだろう。けれども、親子三人というのは、はっきりいって異常であるとしか云えない。

※訂正
私の誤読で「東電OL」の妹も東京電力に勤めていると書いてしまったが、違った。大手電器メーカーに勤務しているらしい。

ということで、「親子三人」という指摘は完全な間違い。失礼しました。

昨夜、ようやく本書を読み終えて、最後のほうにこんなことが書かれていた。彼女は父親の元部下の口利きで東京電力に入社した、という。結論としては、結局、同じであるということは変わらないようだ。

最後に本書を読み終えて。著者が云うように、世の中の「小堕落」を嘲笑うかのような彼女の「大堕落」、坂口安吾の『堕落論』を地で行くような堕ちるところまで堕ちていく姿は、私たちを惹き付けてやまないだろう。

大学時代に尊敬してやまない父親を失った彼女の喪失感、それもまた、私には無縁ではない、ある種の関心を目覚めさせる。(記2007.5.31)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここでひとつ、佐野氏の文章の中で、印象的なものをひとつ引用。
匿名のAが、匿名のBを殺害することなど絶対にあり得ない。/彼らは被害者も加害者も匿名化することで、犯罪にまつわるすぐれて人間的な部分を、すべてそぎ落としてしまう。私には、それこそ人間存在そのものを冒瀆する「犯罪」のようにみえる。
文中の「彼ら」とは、被害者のみならず加害者のプライバシーの保護をしつこく掲げるいわゆる人権派の人々、さらには被害者・加害者を形式的な図式(人間像)に当てはめ断罪しようとする検察官たちのことを指している。被害者・加害者のプライバシーを守ることに一意あるのは当然であるとしても、それは事件そのものの中身を覆い隠すことに他ならない。もし、私たちが、この社会で生まれる数多くの事件の真実を知りたいと思うのであれば、プライバシーの暴露は欠くことのできない。知るべきか、知らざるべきか―それが問題である。
[PR]
by le-moraliste | 2007-05-27 23:59 |