本・雑誌・ニュース・頭の中のメモ・メモ・ひたすらメモ


by le-moraliste
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

王将戦解説会と『マリー・アントワネット』

懲りずに、また将棋の話。

王将戦第四局の大盤解説会にまた足を運んだ。途中まで(仕事場で)ネット観戦してから、夕方、ひとり千駄ヶ谷の東京将棋会館へ。

羽生王将に佐藤棋聖が挑戦する本局は羽生2勝、佐藤1勝で迎え、各棋戦で挑戦者の資格を獲得するもののなかなかタイトル獲得には至らない佐藤棋聖にとっては、流れを変えるために是が非でも落とせない対局。さて、どうなるものだろう。

解説会の開始時刻からは少々遅れたが会館に到着すると、同じく会館に入ろうとする女子高生らしき女の子がふたり。なんでここに女子高生が、と訝しく思ったがそのまま会館に入れば、石橋女流と遭遇。そういえば、今日は飛躍著しい里見女流との対局だったけか、結果はどうなったろうと気になりつつも解説会の開場に。

今日は上野四段と鈴木環那女流による解説。以前、このおふた方が解説会を行なったところ評判がよかったため今回ふたたびこの組み合わせということで、結構愉しみにしていた。場は相変わらず年配の方が多く、およそ50名ほどの参加者がすでに解説に聞き入っていた。

と、そこに私よりさらに若いお客がやってくる。先ほど玄関で出会った女子高生ふたり。珍しい趣味だなと一層訝しく思ってよくよく彼女たちの顔を見てみれば、なんと、ひとりは新女流棋士の伊奈川愛菓嬢ではあるまいか。もうひとりは見覚えがないのでたぶん彼女の友人だろう。棋士はふつう、棋士控え室で検討をするものだと思っていたので意外であった。友人が一緒だから、解説会のほうに来たのかもしれない。

さて、解説会のほうだけれど、なるほど、たしかにふたりの掛け合いがなかなか面白い。環那女流の場を盛り上げようというひとつひとつの気配りが愉しく、上野四段のわかりやすい解説も(とりわけ素人の)私にはとてもありがたかった。常連が多いのだろう、お客さんとのやりとりも活発で終始なごやかな雰囲気のなかで解説会は進んでいった。途中、上野"初段"を聞き手に環那"四段"が解説するという企画もあり、環那嬢の緊張と人一倍の努力姿(そして上野氏のわからない"ふり")がなんとも云えない温か味を漂わせる。やはり、解説会はいいですなぁ。

将棋のほうは羽生王将の巧みな駒捌き(という云い方であってるのだろうか)で、一気呵成に佐藤棋聖を投了に追い込んだ。はぁ、と溜め息はできるほどの強さ。怖ろしい。途中で、勝又五段(会館でいつも見かけます)と三浦八段がゲストで登場し場がますます活況を呈するなか、無事、解説会は終了。

環那嬢は休憩時間や解説会終了後にひとりひとりのお客さんに笑顔で挨拶をしてくれてほんと恐縮するほどでありました。その前日に女流名人位戦の予選で勝利をおさめ、あと一勝すればB級リーグ入りするので是非とも頑張っていただきたい。

上野四段は、前回のC級2組順位戦でも見事快勝し、昇級へあと一歩のところまで来ているので、最終戦を期待しております。各級順位戦も佳境に入っているので、まだまだ将棋界から目が離せない。

     *               *              *

先週は映画も一本観てきた。ソフィア・コッポラ監督作品の『マリー・アントワネット』。フランシス・コッポラの娘ですね、確か。で、映画自体は・・・・・・。

私が観た映画のなかで、『キング・アーサー』に次ぐ、つまらなさ。最初から何のドラマも起きず、印象的なシーンは皆無で、最後に処刑台へ運ばれるシーンにどんな趣向を凝らすか期待していたら驚くほど何にもなし。何を描きたかったのかがさっぱりわからない、駄作。ソフィアには『ロスト・イン・トランスレーション』という監督作品があり、そちらは結構評判がよさそうなのだが、はたしてどうだろう。いやむしろ、『マリー』の悪夢を打ち消すために、『ロスト』をこそ観てみたくなった。
[PR]
by le-moraliste | 2007-02-12 14:23 | メモ