本・雑誌・ニュース・頭の中のメモ・メモ・ひたすらメモ


by le-moraliste
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホテルニューオータニと力士

再びメモ。

相撲の力士はおよそ30歳前後で引退することが多いが、その若さのためその後の人生はあまりに長い。年寄株を所有できる者はわずかで、多数が相撲とは別の人生を歩むことだろう。

その中で、私が驚いたエピソード。
出世頭は大正期に幕下筆頭まで務めた大谷米太郎だろうか。廃業後、さまざまな事業に手を染め、大谷重工業を基盤に大谷グループの総帥に登り詰めている。ホテル業にも進出し、ホテルニューオータニを経営、蔵前国技館の建設にも協力した。
https://member.jinjibu.jp/special/column05011701.html
大谷グループの規模・評判については知らないが、なかなか驚くべき人生である。
[PR]
by le-moraliste | 2006-08-21 02:59 | メモ