本・雑誌・ニュース・頭の中のメモ・メモ・ひたすらメモ


by le-moraliste
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

美術史まとめ


ルネサンス三大巨匠

 盛期ルネサンスの巨匠たち

レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452-1519)

 異端の芸術家。

ミケランジェロ・ブオナローティ (1475-1564)

 生粋の芸術家。彫刻をベースとし、人体の表現を極める。

ラファエロ・サンティ (1483-1520)

 レオナルドとミケランジェロに学ぶ。ロマンティックな画風。


ルネサンス芸術家その他

ティッツィアーノ・ヴェチェッリオ (1490頃-1576)

 ヴェネツィア派。カンヴァスに直接描く、色彩豊かな画風。
[PR]
# by le-moraliste | 2012-11-03 23:13 | メモ

御用邸について

◆現在、使用されている御用邸


葉山御用邸

  所在:神奈川県三浦郡葉山町
  竣工:昭和56年
  特色:三浦半島に位置し、相模湾に面する


那須御用邸

  所在:栃木県那須郡那須町
  竣工:本邸、大正15年 付属邸、昭和10年
  特色:那須湯本温泉が近くにある


須崎御用邸

  所在:静岡県下田市須崎
  竣工:昭和46年
  特色:伊豆半島の先端に位置し、近くに浜辺も



◆過去に使用されていた御用邸


神戸御用邸

  所在:兵庫県神戸市
  面積:13,000㎡
  竣工:明治19年8月
  廃止:
  特色・明治天皇の行在所

熱海御用邸

  所在:静岡県熱海市
  面積:11,000㎡
  竣工:明治22年12月
  廃止:昭和3年、老朽化により取り壊し

沼津御用邸

  所在:静岡県駿東郡静浦村(現・沼津市)
  面積:敷地約15万㎡ 宅地?㎡
  竣工:明治26年7月
  廃止:昭和44年廃止
  特色・大正天皇(当時皇太子)の静養のために造営。現在は沼津御用邸記念公園

伊香保御用邸

  所在:群馬県
  面積:山林235,000㎡、宅地6,720㎡
  竣工:明治26年7月
  廃止:昭和27年、焼失
  特色・伊香保温泉の近く


◆計画されていたが完成しなかった御用邸


初声御用邸

  所在:神奈川県三浦市初声。三浦半島の油壺周辺
  経緯:昭和恐慌などの影響により自然消滅



※注記※

本邸は天皇皇后専用、付属邸は皇太子用。ただし平成からは秋篠宮一家が宿泊することがある

※参考文献※

宮内庁 公式WEBSITE
高橋紘 『人間 昭和天皇』 講談社 2011年
[PR]
# by le-moraliste | 2012-01-07 23:50 | メモ

天皇関係文献 所蔵一覧

天皇関係の書籍で所有しているものをまとめる。他にもあるかも。

浅羽通明 『天皇・反戦・日本』 幻冬舎 2007年
        ※一部読み
浅見雅男 『不思議な宮さま 東久邇宮稔彦王の昭和史』 文藝春秋 2011年
        ※読了(2012.10)
安部能成他 『天皇の印象』 創元社 1949年
        ※未読
石井良助 『天皇 天皇の生成および不親政の伝統』 講談社学術文庫 2011年
        ※未読
猪瀬直樹 『天皇の影法師』 新潮文庫 1987年
        ※未読
猪瀬直樹 『ミカドの肖像』 小学館文庫 2005年
        ※未読
入江相政 『真夜中の硯 侍従長のひとりごと』 講談社 1982年
        ※未読
入江相政 『入江相政日記』 朝日新聞社
        ※拾い読み
入江相政 『入江相政日記』 全12巻 朝日文庫 1994~95年
        ※未読
岩井克己 『天皇家の宿題』 朝日新書 2006年
        ※読了
岩見隆夫 『陛下の御質問 昭和天皇と戦後政治』 文春文庫
        ※読了
小田部雄次 『ミカドと女官 -菊のカーテンの向こう側』 恒文社 2001年
        ※未読
小田部雄次 『昭憲皇太后・貞明皇后』 ミネルヴァ書房 2010年
        ※未読
折口信夫 『折口信夫天皇論集』(安藤礼二編) 講談社文芸文庫
        ※未読
加瀬英明 『天皇家の戦い』 新潮文庫 1983年
        ※未読
加瀬英明 『昭和天皇 三十二の佳話』 有楽出版社
        ※拾い読み
河原敏明 『昭和天皇の妹君 謎につつまれた悲劇の皇女』 文春文庫 2003年
        ※読了。三笠宮の双子の妹=円照寺門跡を明らかに
河原敏明 『昭和天皇とその時代』 文春文庫 2003年
        ※読了。通史
久能靖 『知られざる皇室 伝統行事から宮内庁の仕事まで』 河出書房新社 2010年
        ※一部読み
皇室担当記者編 『皇室報道の舞台裏』 角川oneテーマ 2002年
        ※読了
後藤致人 『内奏 天皇と政治の近現代』 中公新書
        ※拾い読み
坂本多加雄 『象徴天皇制度と日本の来歴』 都市出版 1995年
        ※読了
佐野眞一 『枢密院議長の日記』 講談社現代新書 2007年
        ※拾い読み
佐野眞一 『昭和の終わりと黄昏ニッポン』 文春文庫 2011年
        ※読了(2011.11)。雑誌掲載文を単行本にまとめたものを文庫化
         昭和天皇の崩御前後。昭和天皇の不在と平成の時代諸相の関係を描く
清水勲 『ビゴーが見た日本人』 講談社学術文庫 2009年
        ※未読。明治期日本に17年間滞在したフランス人画家が描く日本
清水勲 『ビゴーが見た明治職業事情』 講談社学術文庫 2009年
        ※未読。フランス人画家が明治期日本を描いた絵をもとに明治の職業を紹介
杉森久英 『明治天皇』 中央公論社 1986年
        ※未読
杉森久英 『天皇の料理番』 読売新聞社 1980年
        ※未読
高橋紘・所功 『皇位継承』 文春新書 1998年
        ※拾い読み?
高橋紘 『人間 昭和天皇』上下 講談社 2011年
        ※上巻読了(2012.1)
高松宮宣仁 『高松宮日記』 中央公論社
        ※拾い読み
千田稔 『華族総覧』 講談社現代新書
        ※拾い読み
筒井清忠 『昭和期日本の構造 二・二六事件とその時代』 講談社学術文庫 1996年
        ※読了
寺崎英成・マリコ・テラサキ・ミラー 『昭和天皇独白録』 文春文庫 1995年
        ※拾い読み
イザベラ・バード 『イザベラ・バードの日本紀行』上下巻 講談社学術文庫 2011年
        ※未読。1878年来日したイギリス人女性の日本旅行記
橋本明 『平成皇室論 次の御代にむけて』 朝日新聞出版 2009年
        ※読書中(2011.12)
原武史 『大正天皇』 朝日選書 2001年
        ※読了
原武史・保阪正康 『対論 昭和天皇』 文春新書 2004年
        ※読了
原武史 『昭和天皇』 岩波新書 2008年
        ※読了
原武史 『増補 皇居前広場』 ちくま学芸文庫 2007年
        ※未読
半藤一利 『卜部日記富田メモで読む人間・昭和天皇』 朝日新聞社 2008年
        ※未読
福田和也 『美智子皇后と雅子妃』 文春新書
        ※読了
福田和也 『昭和天皇 第一部』 文藝春秋 2008年
        ※連載時にほぼ読了。単行本も読了(2011.6)
福田和也 『昭和天皇 第二部』 文春文庫 2011年
        ※読了(2011.6)
福田和也 『昭和天皇 第三部』 文藝春秋 年
        ※読了(2011.7)
福田和也 『昭和天皇 第四部』 文藝春秋 年
        ※読了(2011.7)
福田和也 『昭和天皇 第五部』 文藝春秋 2011年
        ※未読
T.フジタニ 『天皇のページェント 近代日本の歴史民族誌から』 NHKブックス 2002年
        ※読了
古川隆久 『昭和天皇 「理性の君主」の孤独』 中公新書 2011年
        ※拾い読み
文藝春秋編 『大いなる昭和 昭和天皇と日本人』 文春文庫 1996年
        ※一部読み
保阪正康 『秩父宮 昭和天皇弟宮の生涯』 中公文庫 2000年
        ※未読
保阪正康 『昭和天皇』 中央公論新社 2005年
        ※読了(2009)
保阪正康 『崩御と即位 宮中で何が起こっていたのか』 新潮社 2009年
        ※一部読み(2011)
H.G.ポンティング 『英国人写真家の見た明治日本』 講談社学術文庫 2011年
        ※未読。1902年頃日本を訪れたイギリス人写真家の旅行記
御厨貴他 『近現代日本を史料で読む 「大久保利通日記」から「富田メモ」まで』 中公新書 2011年
        ※一部読み(2011)
オットマール・フォン・モール 『ドイツ貴族の明治宮廷記』 講談社学術文庫 2011年
        ※拾い読み。お雇い外国人として宮内省に招聘されたドイツ外交官の日本体験記
矢澤高太郎 『天皇陵の謎』 文春新書 2011年
        ※拾い読み。元読売新聞記者。古代天皇の実在は否定
八幡和郎 『お世継ぎ 世界の王室・日本の皇室』 文春文庫 2007年
        ※拾い読み
八幡和郎 『皇位継承と万世一系に謎はない』 扶桑社新書 2011年
        ※未読
山本七平 『昭和天皇の研究 その実像を探る』 祥伝社 1989年
        ※読了
山本雅人 『天皇陛下の全仕事』 講談社現代新書 2009年
        ※読了
横井齊 『昭和天皇の笑顔』 保育社 1990年
        ※未読
吉田祐二 『天皇財閥 皇室による経済支配の構造』 学研パブリッシング  2011年
        ※拾い読み(2011)
歴史雑学探究倶楽部編 『天皇家の謎』 学習研究社 2008年
        ※拾い読み
渡辺誠 『昭和天皇のお食事』 文春文庫 2009年
        ※読了
渡邉允 『天皇家の執事 侍従長の十年半』 2011年
        ※読了(2011.12)
『昭和天皇と激動の時代 【終戦編】 正論9月号臨時増刊号』 産経新聞社 2005年
        ※拾い読み
『特集 近代天皇論 大航海 No.45』 新書館 2003年
        ※一部読み


2012.1.7.追記
[PR]
# by le-moraliste | 2011-05-16 17:53 |

メモ ― 天皇について



【 入江相政侍従長と"魔女"今城誼子(貞明皇太后と香淳皇后の女官) 】

・入江の「専横」と「祭祀軽視」?

【 尼門跡寺院「円照寺」と三島由紀夫『豊饒の海』の「月修寺」 】

・円照寺の山本静山門跡と三笠宮殿下が双子の兄妹であることは公然の秘密。静山門跡はすなわち糸子内親王。『豊饒の海』はこの円照寺をひとつの舞台にしており、皇族との恋愛がテーマである「最大の不敬小説」(島田雅彦)であるが、三島ははたして静山門跡の事実を知っていたのか知らなかったのか。

【 葉山御用邸消失事件(1971年1月) 】

・放火犯角田俊治は「軽度の精神分裂病」(河原敏明)だったのか、あるいは「過激派」(原武史)だったのか。河原は、警察が「過激派でなかったことには胸をなでおろした」と書く。

【 訪欧(1971年9-10月)と訪米(1975年) 】

・アメリカより欧州を優先して訪問したのはなぜか。訪米の予行演習として訪欧だったのかどうか

【 昭和天皇と沖縄 】

・沖縄訪問に積極的だったのか消極的だったのか
[PR]
# by le-moraliste | 2009-06-08 10:58 | メモ
つらつらと本棚を眺めていて、はたと手にとったのが江藤淳の追悼号雑誌。「追悼 江藤淳」を特集している雑誌はほとんどすべて持っていて、懐かしく、いくつかの雑誌をパラパラとめくってみた。

江藤淳が自殺したのは1999年7月21日夜。ちょうど10年前になるのか。

当時読んだ追悼文のなかで出色だと思ったのは、吉本隆明と福田和也の文章だった。

『文藝春秋』には石原慎太郎の文が掲載されている。自殺の直前まで江藤淳と大きな意味のやりとりをしていたことが回顧されているあの文章である。今回再読してみて、実に良かった。石原氏にしか書けない内容、文章で、自分は石原慎太郎の文(体)が好きなんだなあとふと思いもした(余談だが、石原慎太郎の文章において、慎太郎はいつも絶対的に正しい。婉曲的であろうとも、慎太郎の正しさを本人はつゆとも疑ってはいない。そういうところに好き嫌いが分かれる理由があるだろうけど、慎太郎に対してそういう疑念をもつことそれ自体が無意味だ。「正しい」石原慎太郎を私たちはただ、味わえばよいのであり、そしてそれは十分に価値あることなのだ)。

そういうこともあり、石原慎太郎と福田和也の対談も読んだ(『文学界』)。

あまり噛み合わない対談ではあるのだけれど、後日、福田和也「絶望の獲得」という短文(『南部の慰安』所収)をなんとなく読んでいたらある人物について触れられており、たしかこの対談でもその名があがってきたのではなかったかと思い出して、ふたたび『文学界』をひらいてみた。

その人物は、詩人の伊藤静雄。

江藤淳の書いた『石原慎太郎論』が最良の慎太郎論だと福田和也が語り、その本の冒頭に伊藤静雄の詩が引かれているという。それは。

「すべてのものは吾にむかひて

 死ねといふ、

 わが水無月のなどかくはうつくしき」

               ―『水中花』


(つづく)
[PR]
# by le-moraliste | 2009-06-06 02:43 | メモ
買い忘れていた本を近所の本屋で見つけたので、対価を支払うや否やさっそく家で読み始めた。坪内祐三『東京』(太田出版)。ナントカという雑誌に連載されていた、東京の街をテーマとしてエッセイ集のようだ。知らなかった。

例によって、先走って興味のあるところをパラパラめくっていると、いくつもの思わぬ言葉に出会った。ひとつは、坪内祐三が雑誌『東京人』の編集者時代に、編集長粕谷一希のとりはからう若手学者の研究会の助手をしていたということだ。そこには、坂本多加雄先生の名前が・・・。先生は、坪内祐三のことを知っていたのだろうか。あるいは、一編集者として、記憶に残らなかっただろうか。あの頃、坪内祐三の話題を話してみればよかった。当時の思い出でも話してくれたかもしれない。(いや、坪内祐三の名前は先生の前で云ってみた記憶もあるのだけど。)

それで、本書は坪内祐三の『東京人』時代のエピソードが豊富なので、そのあたりを中心に読んでしまう。そして、坪内祐三が編集部に入るいきさつとか、『東京人』という雑誌の創刊にまつわる話とかが面白かったのだけど(例えば坪内祐三の父親が『東京人』創刊の黒幕だったというような)、ちょっと意味ありげな名前の人物がでてくるところがある。

「K氏」と、本文では名前が伏せられてはいるが、同時に『秘密結社の記号学』という本をだしたとまで書いてあるのだから、K氏という表現は意味ありげだ。私のような読者はすぐネットでK氏の本名を調べるわけであるから。

K氏とは加賀山弘のこと。そんなもん、すぐわかった。でも、初めて聞いた名前である。K氏は編集部に半年ほど在籍しただけのようで、坪内祐三とは、常盤新平との関係のなかで結構な立場にあったようである。それはそれで、常盤新平との話のほうが面白いので、K氏のことはすぐ忘れてしまうのであるが、その数ページ前に、粕谷一希が雑誌を創刊する目的を書いてあるところが印象的だ。粕谷氏はなんでも、アメリカの雑誌『ニューヨーカー』の東京版をだそうというらしいのだが、坪内祐三によれば、粕谷氏はおそらく、『ニューヨーカー』を読んだことがないであろうというのである。

ここに反応してしまうのは、ちょうど粕谷氏の『作家が死ぬと時代が変わる』(日本経済新聞社)という聞き語りの本を途中まで読んでいたからだ。これは粕谷氏の自伝。まだ半分くらいなので、『東京人』創刊の頃の話までは読んでいなかった。

早速、こちらのほうを読んでみると、ありました。『ニューヨーカー』にヒントを得て新雑誌を創るというエピソードが。なるほど、粕谷氏が昔から『ニューヨーカー』の愛読者であるというわけではないことは明らかである。そして。

その前後もパラパラ読んでいたら(坂本多加雄先生の名前はなかったが)、「あとがき」を読んでビックリ、同じくK氏という名前が登場するのである(「あとがき」まで読んでしまった)。この本は、「水木楊氏とK氏の勧め」によってできあがった本であると本人が書いているのだ。

このK氏という人、この人物が坪内祐三の云うK氏と同じであるかどうかはわからない。もし同じ人物を指しているとするならば、K氏が、親しい粕谷氏の、自分が大きく関わっているこの本のなかでも匿名なのは、一体なぜなんだろうか。それだけ。

= 追記 =
『作家が死ぬと時代が変わる』を最後までちゃんと読んでみると坂本多加雄先生の名前が途中ででてきた。これは失礼。(2008.8.7.)
[PR]
# by le-moraliste | 2008-07-28 20:25 |


【文学の系譜】

―第一次戦後派―
  大岡昇平
  野間宏
  武田泰淳
  椎名鱗三
  堀田善衛
  
―無頼派―
  坂口安吾
  太宰治
  織田作之助
  石川淳    『焼け跡のイエス』

―第三の新人―
  吉行淳之介
  遠藤周作   『死海のほとり』
  安岡章太郎

―    ―
  石原慎太郎
  大江健三郎
    
―その後―
  開高健
  北杜夫
  日野啓三
  竹西寛子
  大岡信
  加賀乙彦
  辻邦生

―批評家―
  小林秀雄
  福田恆存
  江藤淳  


【時代の系譜】

―50年安保

―60年安保

―全共闘世代(団塊の世代)
[PR]
# by le-moraliste | 2008-07-19 21:22 | メモ

サブプライム余話Ⅰ

【差し押さえ】・・・Forclosure

【ショートセール】・・・Short Sale
不動産において、住宅ローンの支払いができなくなった場合に、銀行が借り手と共同して融資残高より低い金額で住宅を売却し、借り手の負債を帳消しにすることを合意すること。借り手だけでなく、銀行側も一定の損失をだす。ただし、買い手が現れなければ住宅は差し押さえられ(所有権は銀行に)、借り手は破産と記録される。
株式に用いられる場合は、「空売り」の意味となる。
[PR]
# by le-moraliste | 2008-06-24 14:06 | 新聞・ニュース

不法原因給付

【不法原因給付】

公序良俗に反する契約など、反倫理的理由で渡した物は、契約が履行されなくても返還を求めることができないとする民法の規定。給付物は相手のものになる。男性が愛人関係を結んだ女性のために家を建てて女性に贈ることは不法原因給付に当たり、男性はその後、女性に家の明け渡しを求めることはできないとする判例がある。
                    (『産経新聞』2008.6.11)
ヤミ金の高利貸付に対し、借り手が利息分のみならず元本分の損害賠償を請求できることを最高裁が判例で示した訴訟(2008.6.10判決)。

上記の例で云えば、愛人契約を結んだ男性は、家の明け渡しを求められないのは当然のこと、女性の側もこの「愛人契約」に基づく契約履行請求(例えば金銭の要求)はできない。それは、この「愛人契約」が公序良俗に反するため無効な契約となるからであり(民法90条)、「不法の原因」(この場合は、愛人契約)のために給付した者は、その給付した物の返還を請求できないと規定されているため(民法708条)である。

この愛人契約が無効であるからといって、既に授受された金銭等は返還すべき「不当利得」とはならない。法律上の原因がないのに他人の損失において利益を得ることを不当利得と云い、不当利得は(損失を受けている他人に)返還しなければならない(民法703条)とあるが、この利得は、公序良俗に反する愛人契約という「不法の原因」によるものであるからである。

≪参考≫
法律豆知識
  http://www5f.biglobe.ne.jp/~kitagawa/mame011.html

複雑な話だけど、つまりは、無効な契約を結んでしまったらいいことありませんということ。大変面白い法律だ。
[PR]
# by le-moraliste | 2008-06-13 12:36 | メモ

北方領土問題整理

北方領土問題について再録(旧2007.8.22.

今回ちょっと追記


1945/8/9   ソ連軍、満州侵入

1956      日ソ共同宣言
            国交回復成立とともに、平和条約後の二島先行返還を約束

1990-92   先進7ヶ国首脳会議(サミット)の議長声明or政治宣言 
            「法と正義の原則に基づき外交政策を展開するとの
             ロシアの公約を歓迎する。
            (それが)領土問題の解決を通じた日露間の正常化の
             基礎となる」と明記

1993/10    東京宣言(細川・エリツィン)
            四島帰属問題を法と正義の原則を基礎として解決する
            と宣言

1997/10    東郷・佐藤、橋本総理に北方領土問題を説明

1997/11   クラスノヤルスク合意(橋本・エリツィン)
            両国間で領土問題が存在することを明文化
            東京宣言に基づき2000年までに平和条約締結に全力を
            尽くすと約束

1998/4     川奈提案(橋本・エリツィン)
           日露非公式首脳会談において橋本総理が北方領土問題
           解決に関する秘密提案を行なう 

1998/11/12 モスクワ会談(小渕・エリツィン)
           日露公式首脳会談。川奈提案に対するロシア側の回答

2001      イルクーツク声明
            日ソ共同宣言の確認

2005      欧州議会がロシアに北方領土の返還を求める決議採択
            


= 参考文献 =
佐藤優「インテリジェンス交渉術」(『文芸春秋』5・6月号)
『産経新聞』(2008.6.30.)

(追記=2008.7.1.)
[PR]
# by le-moraliste | 2008-05-19 01:54 | メモ